酔っていきなりキスをする男性の心理4つとは?

 

大人になれば、お酒を飲む機会が自然と増えていきますよね。職場の付き合いや友人同士での飲み会など、状況はそれぞれですが、飲酒の回数は増えていきます。

 

ここで注意しなきゃいけないのが、酔ってしまった勢いでキスをしてくる男性です。酔ってキスをしてくる男性はどんな心理があるのでしょうか?

 

 

酔った勢いで欲求を抑えられずにキスをする!

 

酔ってしまった勢いでキスをする男性は、「欲求」を抑えられずにキスをしてしまう場合が多いです。

 

もしかしたら特定の女性を、「いい女だな」「抱きたいな」と感じていたならば、キスをしてくるかもしれません。

 

男性は「好き」という恋愛感情を抱いていなかったとしても、性的興奮だけでキスをしてしまうことは多くあります。

 

スポンサーリンク

 

通常は理性がそれを制御しているのですが、お酒が入ると気持ちが大きくなるからか、理性によって制御が出来なくなり、キスに走るのです。

 

女性は、それが恋愛からくるものなのか、ただの欲求によるものなのか区別をするのが難しいのも特徴です。そのため、お酒の席でいきなりキスをされると困惑してしまうのです。

 

酔った勢いにおけるキスは、カラダを目当てにしている場合も少なからずあるので、頭の片隅にでもいれておきましょう。

 

 

態度が大きくなり好意を持っている女性にキスをする!

 

 

男性は酔ってしまうと本音を出しやすくなります。自分をコントロールする力が弱くなり開放的になってしまうのが、その大きな理由だと言われています。

 

前から気に入っている女性が近くにいると、近づいていきキスをしたいなと思うようになります。恋愛感情は無くても、心の中で少しだけでも「好きかも」という感情があれば、ついついキスをしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

男性が酔っている状態でキスをしてしまうのは、大小は関係なく恋愛感情や好意などを持ってるからだと言われます。

 

お酒を飲むと、それが思わず態度として表現されてしまい、キスに繋がっているのでしょう。

 

 

恥ずかしがり屋な男性ほど大胆な行動になる

 

 

好感を抱いている女性に対して、酔った男性がキスをしてくる場合はとても多いです。お酒を飲むと気分が良くなり、気持ちが開放的になります。

 

リラックスもしているので、気になる女性にも開放的に接するようになりキスをしてしまうのです。

 

男性の中には恥ずかしがり屋などもいて、中々自分の気持ちを打ち明けられない人も少なくはありません。そうした人ほど、お酒の力を借りて大胆な行動に出てしまうケースが多く見られます。

 

 

脳が麻痺して冷静な判断ができなくなくなる

 

 

お酒を飲むとアルコールの影響で脳が麻痺してきます。冷静な判断が出来なくなったり、まっすぐ歩くことが出来なくなるという影響は、脳が麻痺しているから発生するものです。

 

冷静な判断が出来なくなるので、目の前にいる見慣れた女性を「今日は何だかカワイイな」「いつもと違ってセクシーだな」という風に脳内で察知されるようになります。

 

こんなときは思わず女性にキスをしてしまうのです。いつも一緒にいる女性が、急に可愛らしく見えたならば、そのギャップに男性は興奮を覚えてしまいますが、それは恋愛感情というよりも性的興奮です。

 

そのためお酒が抜けて冷静になると、キスをした事実に後悔をすることが多いのも特徴です。人間関係が崩れたり、「セクハラされた!」と上司に報告されて社会的信用を失う可能性もあるからです。

 

 

このように、酔った勢いによる男性からのキスは、ほとんどが自分勝手な都合が含まれているのが分かりますね。もしかしたら真剣に女性のことを想っていて、計画的に行動をしてきているかもしれません。

 

しかしほとんどのキスは、その先の発展が望めるものではありませんので、上手くかわす術を身に付けるようにしておきたいものです。