抵抗がない人が6割以上!女同士でキスをする4つの意味とは?

 

高校生の女同士がキスをする場面などを見かけたことがある人もいるでしょう。

 

実際にアンケートでも、女同士のキスに関して抵抗が無いと応えた人が6割近くにも及んでおり、否定的な考えを持っている人は少ないようです。

 

女同士でキスをすることには、どんな意味があるのでしょうか?

 

 

恋愛感情以外のキスもあり!親友との「友情の証」の意味

 

 

女同士でキスをする理由として、「友情の証のため」という回答がとても多いようです。

 

女性はかけがえのない親友とは、恋愛感情以上の何ともいえない友情を確固たるものとし、それを崩すことに大きな抵抗を覚えます。

 

恋人関係ではないけど、それ以上の繋がりを確かめあうためにキスをするのです。

 

スポンサーリンク

 

男性にとってはあまり理解できない行動ですが、女性はキスというものを恋愛感情以外においても用いることができるので、女同士でのキスには抵抗が無いのです。

 

また男性と女性の脳は構造が異なっており、女性は親友とは長時間でも話し合いたいものですが、男性は親友のような関係になると「言わなくても分かる」という関係を望むので、会話は自然と減ります。

 

こうした男女間の違いによって、女同士のキスが話題になるのかもしれません。

 

 

お酒で気分が高揚して勢い余っての行動

 

 

お酒を飲むことも多い女子会。会話が尽きることもなくどんどん楽しい時間が過ぎていきます。

 

するとお酒が入って開放的な雰囲気になったということもあり、女同士でキスをしだす人も少なくはありません。

 

高校生などの思春期の頃とは違い、成人になると精神的にも大人になって落ち着きを持ちます。それなのに、お酒が入ると気分が高揚するので、キスをしてきてしまうんですね。

 

成人の女性が女同士でキスをする場面は、お酒が入った席が圧倒的に多いという報告もあります。お酒を飲んだ勢いでキスをしてしまう人も多いのです。

 

 

大半は10代!性に目覚める思春期に関係

 

 

女同士でキスをする年代の大半は10代です。一緒にいる仲の良い友人としたというケースがとても多いです。

 

理由については様々で、「何となく」「遊び感覚」という明確な理由が無い場合もあれば、「本気で好きになってしまい」「キスの練習相手に」という気持ちを持っている人もいます。

 

スポンサーリンク

 

10代の頃は思春期で、性に目覚める時期でもあります。その時にいつも一緒にいる女友達に「好き」という感情が芽生えてしまい、キスをしてしまう傾向も見られるのだとか。

 

またじゃれあっているうちに、「ちゅ」という程度のキスばかりで、ディープキスなどの濃厚なキスを10代の女同士でした経験がある人は1割を切ります。

 

このことからも、女同士で10代にキスをする経験を持つ人が多いのは、思春期という時期が大きく関係しているようです。

 

 

皆に見てほしい!キス写真公開で仲良しアピールが狙いの意味

 

女同士でのキスには、「仲良しをアピール」する狙いもあるようです。

 

スマートフォンなどの登場で、気軽に自分の日常などを写真や動画付きで報告できるようになった現在において、自分をアピールできる場面は増えてきました。

 

昔はプリクラが主なアピール場面でしたが、LINEのホーム画面や、twitter、facebookという媒体に写真を載せてアピールすることが可能となってきています。

 

こうした場面を利用して、親友とキスをしている写真を公開すれば仲良しさを存分にアピールできますよね。

 

またアイドルグループでは、メンバー同士のキスを公開して仲良しを演出するということは多いようです。

 

「仲が良いから」その人とキスをするというのが、全てでは無いわけですね・・・。

 

 

女同士でキスをする理由について紹介していきました。ほとんどは10代の頃の経験であり、大人になれば自然と回数などは減っていくようです。

 

それでも女同士のキスを上手く「利用」する場合もあるようですから、その意味合いはとても広いことが分かりますね。